悔しいです!

参議院選挙が終わりましたが私は、超絶悔しいです。

福島選挙区では、3万票差で自民党の岩城光英氏が負けてしまいました。

あまりに悔しくて今日は、寝過ごしました!

まあそれは、冗談ですけどね(w

で少しデータを分析してみようと思います。
画像

28年の有効票は、916,487票で投票率が57.12%で6年前に同じ候補者が争った22年の有効票が992,441票で投票率が61.63%です。
こうしてみると投票率が4.51ポイントほど下がっています。
成るほどこれでは、負けてしまいます。

7月9日のブログでも言いましたが投票率が低いと組織票を持つ候補者が有利になります。

たとえばこの図のような選挙の結果があったとします。
画像


これをグラフにするとこうなります。
画像


稚拙な文章ですが浮動票が少ない=投票率が低いと必ず選挙へ行く組織票の割合が高いのが分かるでしょうか?

今回、福島選挙区で当選した増子輝彦氏は、民進党の候補ですが同時に共産党の応援を受けています。
この民進党、共産党というのが組織を保っている政党なので今回のような結果になったんでしょうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック